購入したことない商品を紹介するブログ 改めオススメの本を紹介するブログ

買ったことない商品を紹介します。面白そうだったら買うかも

おすすめ小説1選!『日の名残り』カズオ・イシグロ

あらすじ

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞ブッカー賞受賞作。

(引用:Amazon CAPTCHA)

読んでないけど感想!(ネタバレがあるかもしれない)

2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの3作目の作品『日の名残り』。

世界的に権威あるイギリスの文学賞ブッカー賞を1989年に受賞しております。

カズオ・イシグロの代表作『私を離さないで』も読んでいないけど紹介していますのでよろしければ読んでみてください。

おすすめ小説1選!『私を離さないで』カズオ・イシグロ - 購入したことない商品を紹介するブログ 改めオススメの本を紹介するブログ

話としてはイギリスの老執事スティーブンスが新しい主人の勧めでかつて共に働いたベン夫人に会いに行くため小旅行の小旅行の最中、かつての主人であるダーリントン卿やミス・ケントン(ベン夫人)との淡いロマンス、執事の鑑であった亡父などを回想していく作品です。

一人称視点で書かれるこの作品。

ここからネタバレと言いますか、この作品の肝を書きますのでこれから読んでみようという人は読まないように注意してください!




(注)ネタバレ有

この作品は推理小説によく用いられる叙述トリックが使われています。

スティーブンスの一人称で語られるこの作品。

彼の都合が悪いことは記憶としてぼかされ、ミス・ケントンとの恋愛は思いで補正され、良いように描かれています。

信頼できない語り手と呼ばれるもので、語り手によるミスリード(読者を誤った解釈に誘導すること)を誘う作品です。

小旅行のはてミス・ケントンとの会話で明かされていく事実とスティーブンスの記憶、認識のギャップ。

過去の真実に向き合うスティーブンスは果たして新しい主人や現在直面している問題に対してどうアプローチするのか?

ネタバレを書いてしまったのでここまで読んでいただいた方には、純粋にこの作品を楽しんでいただけないかもしれませんが、トリックだけでなく物語自体ももちろん素敵な作品なのでぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

私もこの記事を書くに当たって、ネタバレを食らいましたが、「語り手と現実のギャップってどんなものなんだろう?」とか「それに直面したスティーブンスはどうするんだろう?」という興味が湧いたので、逆にこの作品をより読んでみたいと思いました。

いつかカズオ・イシグロ作品は一作ぐらい読んでおきたいです。

というか信頼できない語り手って読んでない本を紹介している私自身のことを表していますね。

別にミスリードをかましている訳ではなく、自分が面白そうだなと思った作品を紹介していますのでそこに嘘はないですよ!

早川書房 日の名残り【著者:カズオ・イシグロ】

価格:820円
(2017/12/17 12:35時点)
感想(0件)