購入したことない商品を紹介するブログ 改めオススメの本を紹介するブログ

買ったことない商品を紹介します。面白そうだったら買うかも

おすすめ小説1選!『たったひとつの冴えたやりかた』ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア

あらすじ

やった!これでようやく宇宙に行ける!16歳の誕生日に両親からプレゼントされた小型スペースクーペを改造し、連邦基地のチェックもすり抜けて、そばかす娘コーティーはあこがれの星空へ飛びたった。だが冷凍睡眠から覚めた彼女を、意外な驚きが待っていた。頭の中に、イーアというエイリアンが住みついてしまったのだ!ふたりは意気投合して〈失われた植民地〉探険にのりだすが、この脳寄生体には恐ろしい秘密があった…。元気少女の愛と勇気と友情をえがいて読者をさわやかな感動にいざなう表題作ほか、星のきらめく大宇宙にくり広げられる壮大なドラマ全3篇を結集!

(引用:https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%86%B4%E3%81%88%E3%81%9F%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%81%9F-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%ABSF-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2/dp/4150107394)

読んでないけど感想!(ネタバレがあるかもしれない)

アメリカの女流SF作家 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの代表作『たったひとつの冴えたやりかた』。

プロローグと表題作+他2作で構成される短編集。

今回は表題作の『たったひとつの冴えたやりかた』のみ紹介します。

16歳の誕生日に両親からもらった小型機スペースクーペで宇宙へ旅立つ コーティー。

しかし冷凍睡眠から覚めた彼女の頭にはイーアというエイリアンが寄生していた。

意気投合した2人は<失われた植民地>の探検を行う。

そしてイーアには驚くべき真実が...

内容としては未来版の『寄生獣』といった感じです。

作中の言語でイーアというのはを表すので、『寄生獣』で言うとミギーをですからね。

最初はコーティーを乗っ取ろうとしていたイーアですが意気投合し、一緒に旅をしていくうちに彼女たちの間には友情が芽生えていきます。

そして最後は自己を犠牲にして...

内容としましてはほぼほぼ『寄生獣』ですので興味が湧いた方は『寄生獣』を読んでみてください!

と思ったのですが『たったひとつの冴えたやりかた』以外にも2作収録されているのでこの短編集もぜひ読んでみてください。

相変わらずこの作品も読んでいないので本当に『寄生獣』みたいな話かは分からないです。

でも、『寄生獣』は読んだことがありますがこちらの作品は面白かったです。

たったひとつの冴えたやりかた/ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア/浅倉久志【2500円以上送料無料】

価格:885円
(2018/1/6 21:35時点)
感想(0件)